新しい記事が上に表示されています。
初めての方は下から読んで頂けると、順を追って読むことできますm(._.)m

2007年02月23日

ワーホリか留学か

ワーホリか留学か迷うところですが・・・

もうすぐは〜るですねぇ♪と聞こえてきそうな春の陽気ですね
4月から新生活がはじまる人も多いんじゃないかな(^_^)

さて今日の話題はワーホリか?留学か?の問題

留学について

英語を本気で身につけたいのであれば「留学」すべきだと思います。
決まった時間、語学学校や専門学校・大学に通うわけですから、学校にいる間はとりあえず勉強しますよね。しかも、8割の授業に出席しなければならないので無駄に授業をサボるわけにもいけません。

しかし・・・

問題はお金ですよね。
語学学校の相場は1週間200ドルなので1ヶ月で800ドル・1年で9600ドル
1ドル=90円として、日本円に換算すると864000円です。
このお金に入学費や航空券、滞在費を加算するとかなりの額になると思います。

1ヶ月の生活に必要な金額についてはこちらのページで確認してください。

さらに・・・

語学学校である程度の語学力を身につけ、その後、専門学校に通えば資格がとれるので
帰国後も「オーストラリアで何してきたの?」と聞かれたときに答えることが簡単になると思います。つまり、資格という、形としてオーストラリアに行った成果がでるというわけです。

だから・・・

「英語を本気で身につけたい」という人は是非、留学をしてください。留学中でも決められた範囲内ですがバイトをすることは可能です。英語を身につけたいけれども、お金がないからワーホリにしようという考えはやめたほうがいいと思います。

ワーホリのよいところ

ワーホリには自由な時間がたくさんあります。学校に通う、いっぱい働く、遊びまくる、友達をいっぱいつくる、などなど選択肢が数え切れないほどあります。

だから、自分を変えたい人、何かを成し遂げてみたい人、価値観を広げてみたい人、日本から逃げだしたい人、などなど、環境を変えて勝負してみたい人にとってワーホリビザは最高のシステムです。

自由が多いということは、それだけ失敗する可能性も高くなることだけは忘れないでください。オーストラリア人に街のゴミだと言われているような、どうしようもない日本人をたくさん見てきました。

英語力のことよりも、とにかく海外で生活したいなぁという人はワーホリを選べばよいのではないかなと思います(^_^)
posted by timtom at 20:03| Comment(0) | TrackBack(1) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

パスポート紛失 

今日の朝「はなまるマーケット」のゲストが奥菜 恵でした。
彼女はロンドンへ旅行に行った際、パスポートを失くしたらしいです。

手続きが色々と面倒だったとのことです・・・

この話を聞いていて思い出しました・・・・

そう、僕もオーストラリアでパスポート失くして大変なことになりました。
詳しい話はこのページに書いたので繰り返しませんが、本当に辛かったです。

話を元に戻します(*_*)
奥菜 恵は鞄ごと紛失したので、パスポートはもちろん、
財布までなくしてしまったそうです。
つまり、クレジットカードも現金も失くしたのです。

これ、困りますよ!!!

現金がない、カードがない、パスポートがない(>o<")

普通に海外では生きていけません。
こんな自体を避けるために
必ずクレジットカードは2枚用意していってください。
1枚は財布の中へ、もう1枚は自宅に保管。

クレジットカードあれば、なんとか生活できますからね。
クレジットカード選びはここのページを参考に!

まぁ、何も失くさないことが一番なんですけど・・・
備えあればなんとかって言うじゃないですか(^○^)
posted by timtom at 01:37| Comment(0) | TrackBack(2) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

MSNメッセンジャー

先日メッセンジャーを使って音声チャットを初めて体験しちゃいました。
普段から使っている人にとっては「今頃・・・デビュー」と思いますよね。

僕は感動したので、勢い余って記事にしちゃいます。

日本にいる相手には携帯や一般電話で会話すればいいですよね。
BBフォンのようなIP電話を使えば、ほとんど電話料金はいらないと思います。
本当に便利な世の中になりましたねぇ(・_・)

海外に電話をかけるには少なからずお金がかかると思っていましたが、
メッセンジャーの音声チャットを使えば、無料で電話できるんです(^O^)
オーストラリアにいる友達のToshiに誘われて音声チャットしたんですけど、
何不自由なく会話することができました。

これから海外に行く人や海外に友達がいる人は電話を使わずに
メッセンジャーを使って無料で長々と会話を楽しみましょう(^▽^)/
posted by timtom at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

ビザ申請の前に・・・

今回はビザ申請についてです。
Timtomはオーストラリアのワーホリについてあれこれ書いていますが、ビザに関しての質問の回答にはいつも困ります。
だって、自分は1回しか申請していません。
解説サイトを見ながら頑張ったのですが、ワーホリに行く前に短期語学留学すしたときにパスポートを失くしたことが原因で結構大変でした(*_*)

正直ビザがないとお話になりません。ということで、ビザ申請だけにはお金を払っていいと思います。

だけど、このサイトのコンセプトは「お金をかけずに自力でワーホリへ」
なので、お金をたくさん使わず、安くて失敗しない方法です。

ここのサイトにビザ申請解説書が売っています。
僕自身は購入していないのですが、信用できるサイトなのでビザ申請で躓きそうな人は購入を検討してください。

まぁ、普通に健康で犯罪暦・海外トラブルなどがない人はここのページを参考にすれば、問題なく申請完了すると思います(*^_^*)
posted by timtom at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

ワーキングホリデービザの変更

これまでワーキングホリデービザの条件として
・3ヶ月まで就学可能
・同一雇用主の下で3ヶ月まで就業可能
・一回目のワーホリ期間中、指定されたファームで3ヶ月ピッキングか
パッキングを行いその証明を以って申請すれば2回目のワーホリビザの
取得が可能

ということになっていましたが、2006年7月1日からは
・3ヶ月まで就学可能

・最大就学期間が4ヶ月


・同一雇用主の下で3ヶ月まで就業可能

・同一雇用主の下で最大6ヶ月まで就業可能

・一回目のワーホリ期間中、指定されたファームで3ヶ月ピッキングか
パッキングを行いその証明を以って申請すれば2回目のワーホリビザの
取得が可能

・ファームだけではなく、fishing(漁業)/pearling(真珠産業)/
shearing(羊の毛刈り)/ butchery(肉屋)/forestry(林業)に
従事された方も2回目のワーホリビザ申請可能

と条件が変更されます!

これらの変更は、2006年7月1日以降にワーホリビザを申請した人に限られるので、今ビザを申請している人は少し待ったほうがいいと思います。

これらの変更によって、より自由なワーホリを実現できるようになりました。語学学校の中にはこのビザ条件変更に伴い4ヶ月コースを新たに新設する所もあるという情報もあります。
同一雇用主の下半年間働くことが可能なので仕事探しも楽になることが期待されています。

こういう変更は本当にありがたいですね(^-^)
posted by timtom at 00:32| Comment(22) | TrackBack(7) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

出発前の役所手続き

出発前の国民年金・国民健康保険、手続きについて記事にします。

正社員として働いている場合、社会保険に加入していると思います。
その場合自動的に国民年金・社会保険税が納付されていたことになります。

離職すると、日本国内に住所がある限り、国民健康保険に強制加入することになります。
つまり、すべての税金が個人負担で納付義務が生じるのでその支払いの手続きを、市町村役場で行う必要があります。

しかし、日本国内に住所がない場合は、納税義務が生じません。
その手続きは、市町村役場で行うことができます。
「転出届」というものです。
「転出届」を出した場合、国民健康保険の強制加入はなくなりますが、希望すれば、任意で継続加入は可能です。

「転出届」を出さない場合は、もちろん国民年金・国民健康保険とも強制加入になります。

国民健康保険では、海外で治療を受けた場合も、日本で保険適用となる医療行為については保険給付がなされるようになりました。現地では全額立替払いし、領収書や明細書等を添付して保険給付分(7割)を請求できます。

まとめ
「転出届」を提出する場合
国民健康保険・・・
・強制加入ではなくなる。
・加入していれば、帰国後7割を請求できる。
国民年金・・・
・支払い義務はない。
・代理者が支払うことも可能

「転出届」を出さない場合
・国民年金・国民健康保険とも強制加入

僕は「転出届」を出していません。
というか、存在自体知りませんでした。手続きは1ヶ月くらい前から受け付け可能のようです。
posted by timtom at 19:34| Comment(0) | TrackBack(2) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ワーホリ・ブルー

今日の夜、懐かしい人から電話がかかってきました。
懐かしい人とは1年前にオーストラリアへワーホリビザで渡豪したdeideiです。

何度かBBSにもコメントしてくれたので、もしかしたら知っている人もいるかもしれませんね(^-^)

彼は1年前の僕のように「ワーホリ・ブルー」になっていました。

この「ワーホリ・ブルー」というのは、以下のような人がなりやすいです

・現地で充実した日々を送っていた人
・現地で何かしらの刺激を毎日のようにうけていた人
・一生忘れられないほど楽しい時を過ごした人
・オーストラリア特有の、のんびりした空気が好きな人

症状
・日本の空気になじめず、引きこもり気味になる
・英語を使わない環境になじめず、必要以上に英語を使ったり、聞いたりする
・日本の悪いとこばかり目につき、日本が嫌いになる
・努力していなかたり、刺激が少ない生活に自分を見失う
・夜型の人間になり、朝起きれなくなる

こんな感じです。
僕の周りの海外生活経験者はほとんど全員このワーホリブルーになっています。人によって長さは違うんですけどね・・・

「ワーホリ・ブルー」の対策としては、とにかく何でもいいから新しいことを始めてみること。
懐かしい、友人と素敵な時間を過ごすこと。
ワーホリで叶った夢・目標もあれば、叶えきれなかった夢・目標もあるはずですそれに向かって歩き出せば、自然と回復していきます。

僕はそうでした・・・

今回は思考を変えて、ワーホリ・留学後のことを記事にしてみました(^-^)
posted by timtom at 01:48| Comment(0) | TrackBack(2) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

完全復活?!

今日から小学校の仕事が始まりました。
今年度の仕事は3年生の副担任と5年生の社会と理科の授業をすることです。

生活のリズムも回復しつつあり、「うつ」も治ってきました(*^_^*)

子ども達からもらう元気はとっても大きいなぁと思いました。
まぁ、子どもと一緒に、動き回るので体力的にはきついんですけどね

ところで、
オーストラリアで生活していたときは、

何気ない1日をずっと忘れないために・・・
その日に考えた色々なことを忘れないように・・・

そんな思いで、ほぼ毎日、日記を書いていました。
今、読み返すと本当に面白い。必死で毎日生活していました(^o^)

日本に帰ってきて1年が経ちました。

「あっという間に月日は進んでいくなぁ」と改めて、実感しています。
オーストラリアの1年と比べると無駄に使った時間が多すぎた1年でした。

時間を大切にするために、何気ない一日を特別な日にするために
今日からまた日記を書こうと思います。

そして、ブログ、ホームページの更新も再開したいと思います。

気合入れて毎日生活していくぞ!!

そんなTimtomをこれからも応援してくださいね(*^_^*)
よろしくお願いしますm(._.)m ペコッ
posted by timtom at 00:50| Comment(1) | TrackBack(2) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

無料エージェント

僕は全部自力でワーホリの準備をしました。
その理由はエージェントを使いたくても使えなかったからです。

滞在都市をキャンベラと決めた(決められた)ました。詳しい理由はこちらの記事>>
キャンベラで現地サポートしてくれるエージェントはないし、語学学校も
キャンベラの中に数えられるほどしかありません。

ということで全部自力でやりました。

が、しかし・・・
ほとんどのワーホリメーカーは大都市に滞在すると思います。
語学学校を自力で決めるのは大きな賭けです。
やっぱりプロの力を借りたほうが自分の要望にあった学校が選べると思います。

でも、エージェントに払うお金がもったいないですよね``r(^^;)

しかし、無料で学校を紹介してくれるエージェントがあります。
これらのエージェントを存分に使ってください。

興味がある人はここをクリックしてください。
都市別に無料エージェントがまとめてあります。
しかも、どうして無料なのかも書いてあります。

これだけは覚えておいてください。
HPにも書いてありますが、語学学校は日本で申し込むより現地で申し込むほうが安く受講できる場合が多いです。

上記の無料エージェントを使う際にも、申し込みは現地ですることをお勧めします。

数社に問い合わせをして、自分が納得したエージェントを使うという基本だけは忘れないでくださいね(^-^)/

留学斡旋会社の資料を一括請求!
からエージェントの無料資料請求もできるのでぜひご利用ください
posted by timtom at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

セカンドワーキングホリデービザ 申請方法

セカンドワーキングホリデービザの具体的な申請方法を書いていきます。

基本的には1回目の申請と同じなのですが、1つ必要な書類が増えます。
その書類とは前回に説明した、「指定地域で季節労働をした」
ことを証明するものです。

具体的には「form 1263」という書類です。

http://www.immi.gov.au/allforms/pdf/1263.pdf
から無料ダウンロードできます。
また、エージェントや移民局でも手に入ります。

この書類には雇用主に聞かないと記入できない欄がいくつかあるので、すでに帰国した人たちにとってこの「form 1263」を提出するのは難しいと思います。

この「form 1263」を提出できない場合、

・納税証明
・源泉徴収票
・給与明細
又は
・雇用主からの紹介状
のいずれかを提出することにより、ビザの申請をすることができます。

今からワーホリに行くという人や今ワーホリをしている人
もし、2回目のワーホリを考えているのであれば、雇用主に「form 1263」を記入してもらうことを忘れずに!
また、念のため上記の納税証明などの書類も保管しておくようにしましょう。

カナダやニュージーランドにはワーホリを2回できないので、
素敵な制度かもしれませんね(^-^)/
posted by timtom at 02:40| Comment(0) | TrackBack(2) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

セカンド・ワーキングホリデー・ビザ

オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)を扱うサイトで
セカンド・ワーキングホリデー・ビザについて触れていないのはと思い、
今更ながら記事にします。

誰でも2回目のワーホリができるわけではありません。
1回目の申請条件

・子どもがいない
・ビザ申請受理の時点で18歳以上30歳以下
・就学は3ヶ月以内
・同一の雇用主の下では3ヶ月以上働けない

などは全く同じです。さらにに費用・申請方法も同じです。
これらの条件に「もう1つ条件」がつくのです。

「最低3ヶ月の間政府指定地域で季節労働に従事した証明を提出できる」

季節労働とは
果物・野菜・穀物・花などの収穫、包装、メンテナンスなどの仕事のことです。
ファームステイ・ボランティアもOKです。
もちろん、僕のようにワイナリーでの仕事も季節労働に含まれます。

政府指定地域とは
大都市以外の校外のことです。具体的には
シドニー・セントラルコースト・ウーロンゴン・ニューキャッスル・ブリスベン・ゴールドコースト・パース・メルボルン・キャンベラ
以外の地域です。

ちなみに、2回目のワーホリビザに限りオーストラリア国内外から申請が可能です。

これらがセカンド・ワーキングホリデー・ビザ申請の条件です。
長くなってきたので一旦ここで記事を切ります。
次回、具体的な手続きの説明をします。

続きの記事はこちらからどうぞ(^-^)/

posted by timtom at 22:43| Comment(0) | TrackBack(2) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

勝ち組か負け組か?

最近僕の中で流行している言葉の1つが
「勝ち組」「負け組」です。
世間一般でも結構使われているので耳にしたことがある人も多いと思います。

僕が思うに勝ち組と負け組の定義なんてないと思います。

よく言われることは
「年収???万円以上」みたいな感じと思いますが、世の中お金がすべてじゃないですよね

僕が考える勝ち組とは人生を楽しめるか否かにあると思います。
自分が死ぬ時を迎えたときに、人生を振り返り
「自分の人生、最高だった。生まれてきてよかった」
と思える人生を送れた人間が勝ち組だと思います。

ワーホリでオーストラリアに滞在していたとき苦しいなぁと思っていることが多かったです。
特に英語が喋れなかった滞在前半は本当に悩み、苦しみました。

今振り返ると、色々なことをネガティブに考えていたなぁ。
もっと様々なことをポジティブに考えて、毎日を楽しめば
あれほど苦しくなかったかなぁと思います。

ここでの「楽しむ」という意味は
「働かず、日本人とばかり遊び、成長しようとしない」
といった「ただ楽をする」という意味ではありません。
・英語を真剣に勉強する
・異国の人と積極的に交流する
・異文化の環境の中働く
というように、自分を成長させるために、または自分が掲げた目標を達成するために、
やらなければいけないことはたくさんあります。
これらのことを苦しいとか面倒だと思いながらするのではなく、自発的に楽しめたらもっとよかったのではないかと思っています。

これからオーストラリアへ行く人へのメッセージ

とにかく楽しんでください。毎日笑顔で生活してください。
自分がワーキングホリデーという贅沢な時間を過ごしているということを忘れないでください。
自分の行動次第で1年間が激変します。
僕にとっては夢のように最高の1年間でした。
みなさんも帰国後「楽しかったよ」と笑顔で帰って来ることができるように
つまり勝ち組になって帰国できるように
心から応援しています。

posted by timtom at 11:02| Comment(0) | TrackBack(4) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

オーストラリアでこれがあればなぁ

僕はTVが大好きです。オーストラリアでも暇さえあればTV見てました。
英語の勉強にもなるしね(*^。^*)

オーストラリアのTV番組も結構面白いんですよね。
半分ぐらいしか理解できなかったけど、毎週絶対見逃せない番組とかもあったぐらいです。
でも、1つだけ不満が・・・・・

ちょっとその前にこちらもチェック

続きを読む
posted by timtom at 14:04| Comment(19) | TrackBack(10) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

理想的なお金の持ち込み方法

Timtomの考えるお金の持ち込み方法(オーストラリアへ)の理想論を書きます。
ぜひ参考にしてください(^.^)
ちなみにこちらの記事の続きですので読んでいない人はどうぞ!

今日のランキングは何位かな?プチ(。・・)σ【クリック】

続きを読む
posted by timtom at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

教育って難しいなぁ

今日、小学校で考えさせられる事件が起きました。
事件の詳細は守秘義務があるので、書けませんが、簡単にまとめると

6年生のある子が自分の思い通りにならないと、暴れてしまいます。
少し嫌なことがあると、暴力的になり、その場から逃げ去ろうとします。

今日も昼休みの後、教室に戻って来ないでぐだぐだしていたので、
指導しました。色々な話をしたのですが、彼の心には届いているのか、いないのか

教師という仕事は本当に難しい!!子どもが相手ですからね。
毎日、毎日、色々なことを吸収しながら、物凄いスピードで成長している子供達
そんな彼らがより楽しい人生を送っていけるように手助けをしてあげたい。
例えるなら、高い跳び箱を飛ぶため、よい踏切板になってあげたいなぁと思います。

はぁ・・・まだまだ修行がたりないなぁ
反省反省の日々でございます。明日も頑張りましょう_ρ(^^ )/

応援よろしくです クリックすると、Timtomのランキングが上昇します。
posted by timtom at 00:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

これからワーホリへ行く人へ

知っている人も多いかもしれませんが、一般論としてはワーホリの価値は低いです。「バカホリ」という言葉が発生しているほどですので・・・
Timtomが考えるその原因は・・・

今日のランキングは何位かな?プチ(。・・)σ【クリック】

続きを読む
posted by timtom at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

噂の真相を求めて・・・

最近BBSで得た情報なのですが、どうやらワーホリでオーストラリアに入国する際に200万円以上の残高証明が必要らしいのです。これの真相が知りたいのですが・・・

続きを読む
posted by timtom at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外で使えるキャッシュカード

今日は久々にちょっとまとまった時間がとれたので久々にオーストラリア関係の記事を書きます。最近質問の多いお金の持って行きかたについての記事です。

続きを読む
posted by timtom at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

すごい発見しちゃいました。

知っている人も多いかな?でも僕にとって大発見なんです。これ知らなかったせいで、すでに4万円ほど損してます (☆-◎;)ガーン ということで、詳しくは・・・

応援よろしくです プチ(。・・)σ【クリック】

続きを読む
posted by timtom at 00:40| Comment(6) | TrackBack(2) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

オーストラリアで日本製電化製品を使う

今回はオーストラリアでパソコン、髭剃り、デジカメ、日本の携帯等、日本から持参した電化製品の使い方をレポートします。

好評のHP記事をUPしました。ぜひ訪問してくださいねプチ(。・・)σ【クリック】

続きを読む
posted by timtom at 15:13| Comment(0) | TrackBack(1) | ワーホリ準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。