Timtomのオーストラリア☆ ワーホリ ガイド > ワーホリ準備 > ワーホリにかかる費用&オーストラリアで生活するのに必要な費用

2005年04月06日

ワーホリにかかる費用&オーストラリアで生活するのに必要な費用

今日は本気で記事書きます。ニュージーランドから来ていた友達も今朝帰り、いつもの生活に戻りました。帰国5日前でめちゃ忙しいけど・・・
リクエストのあった、ワーホリにかかる費用&オーストラリアで生活するのに必要な費用について記事にします。かなり、マジに書いたので参考になると思いますよ。
と、書きつつ、準備したのは1年前のことなので、完璧な金額は覚えていないので大体でいきますね。ではでは・・・

今日のランキングは何位かな?プチ(。・・)σ【クリック】


絶対に必要なお金!
1、 ビザ申請料・・・170ドル
2、 パスポート・・・15000円
3、 航空券・・・片道5、6万円 往復13万〜16万
4、 保険・・・9万〜13万
5、 学校・・・週200ドル〜300ドル×週(僕の場合250×10週間)
6、 ホームステイ紹介料・・・150ドル(僕の場合)
7、 空港お迎え料・・・30ドル(僕の場合)
8、 お土産、服、変換プラグ等の備品・・・約15000円(詳しくは荷物リストを参考にしてください。カメラ、パソコンは持っていたのでその費用は含まれていません)

僕は航空券を1年オープンで買ったので、これらを合計すると、約30万円
これらが出発前に日本で支払ったお金です。エージェントは使っていないので、その費用は含まれていません。使う予定の人はこれにエージェントの費用が要ります。(賢いエージェント選びはこちらから)

では、現地で使用するお金。ホームステイ編とシェアハウス編を書きます。ちなみに僕は学校に通った10週間ずっとホームステイしていました。つまり、ホームステイ編=学校に通っていると考えてもらえばいいと思います。ちなみに1オーストラリアドル=80円で計算してください。では、

ホームステイ編(ランチ付き)
と、ある1週間に使ったお金。
ステイ費用・・・200ドル
交通費(バス)・・・10ドル
おやつ、間食、コーヒー等、食費・・・10ドル
交際費・・・30ドル

合計250ドル(約20000円)
かなり節約して生活していました。遊びにいく頻度が高い時はもっと使っていましたね。もちろん服、学校の教科書、生活用品(シャンプー等)を買った週はもう少し使っていましたね。

シェアハウス編(レンタルハウスで2人暮らし)
家賃・・・週100ドル(2週間に1回)
電気・・・約10ドル(季節によって違う。3ヶ月に1回)
ガス・・・約5ドル(3ヶ月に1回)
電話・・・約4ドル(月に基本使用料27ドル÷2+使った料)
ADSL・・・約6ドル(月に50÷2)
水道・・・無料
基本的な食べ物・・・40ドル
ガソリン・・・30ドル
お小遣い+交際費・・・40ドル

合計235ドル
収入が入るようになり、かなり贅沢な暮らしになりました。仕事場が遠かったのでガソリン代が結構必要でした。ちなみに一g1ドルくらいです。
引っ越してきた時に、保証金400ドル、色々な備品で100ドルくらい使いました。

基本的には月全部込みで1000ドル(約8万円)あれば、普通の生活ができます。
車を購入したり、旅行に行ったり、ツアーに参加したりすればもちろんそれだけ、他にお金が必要になってきます。

結論・・・学校に3ヶ月通い、旅行に行かず、車も買わず、仕事もしないなら、全部ひっくるめて130万ってとこですかね。

ちなみに僕は、入国したとき、手持ち1000ドル、日本の銀行に20万。今思えば、ぜんぜんお金貯めずに来ました。ということで、仕事するまで、かなり節約生活しました。

自分の計画と照らし合わせて、計画的にお金を貯めましょう。お金の貯め方はこちらから。
最低、渡豪するのに60万円は必要ということを僕の答えにしておきます。あくまで、最低ですからね・・・
今日のランキングは何位かな?プチ(。・・)σ【クリック】






posted by timtom at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ準備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2803107
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。